top of page

Blog

​新着情報&ブログ

タイへの中古家具・雑貨等の輸出仲介方法について

弊社は2018年から現在まで約5年間タイへ中古家具・雑貨等の輸出を行っております。

当初は自社で集めた商品のみをタイへ輸出しておりましたが、自社の実績を活かし、他社様の商品をタイへ輸出仲介させていただく機会が増えて参りました。

現在は年間約200本のコンテナをタイへ輸出しております。


現状では”中古家具・雑貨の輸出”自体不透明な部分が多くございますので、これから輸出を検討されている企業様や販路拡大を検討されている業者様へ弊社のサービスを分かりやすくお伝えさせて頂きたいと思い、本記事を書かせて頂いております。


 

1.どのような中古品が輸出できるのか


一般的な家庭で使用されているほとんどの商品が輸出できます。

(家具、食器、キッチン用品、インテリア用品、服飾品、おもちゃ、ぬいぐるみ等)

以下の資料をご参照ください。

※タイと日本では電圧が異なりますので、基本的に家電製品は輸出できません。タイの一部のショップによっては電源を使用する製品(ギターアンプやマッサージチェア等の電化製品)をオーダーされるケースがございますが、その際にはバーゼル条約に基づいた事前準備が必要となります。













以下の状態の家具は基本的に輸出できません。


2.輸出できないものや需要のないもの


基本的に以下の項目に該当するものはタイでは需要がないため輸出できません。



3.バーゼル条約について


基本的にタイでは家電製品の需要やオーダーはあまりありませんが、販売先のショップによっては時折オーダーがございます。その際に日本から家電製品を輸出する際にはバーゼル条約に伴う事前準備が必要となります。

また、大型家電と小型家電では規制や事前準備資料が異なりますのでご注意ください。



4.ワシントン条約その他特例品について


基本的に輸出できない製品や輸出にあたり事前準備が必要な項目をまとめております。

また、他国へは輸出可能でもタイでは需要がない製品も合わせて記載させて頂きます。

出荷品目に混入しないよう、または予め事前準備のご対応をお願い致します。



5.コンテナの出荷に対して必要な環境・設備



1.倉庫の広さ、搬入経路


基本的に40フィートの海上コンテナを利用して出荷を行います。

コンテナとコンテナを引っ張るトレーラーの全長は約16mありますので、大型トラックのサイズが自由に出入りできる搬入経路が必要となります。

倉庫内の広さにつきましてはなるべく100坪以上を推奨致します。

弊社はスタート時は約100坪の広さで月間2本の出荷を行っておりましたが、搬入量によっては倉庫が圧迫されておりましたので、なるべく広い倉庫が好ましいかと思われます。


2.出荷に必要な設備


出荷を行う際、効率よく積み込みを行うためにフォークリフトが必要となります。



6.どのように準備して積み込みを行うのか


基本的にタイへコンテナの価格交渉を行う際に、どれだけ手間をかけて選別や梱包、計量を行い、どれだけ人気商品を多く積み込みできるかによって販売価格は変動致します。

以下では弊社で推奨している出荷方法をまとめさせて頂きますが、必ずしも同じ内容でなければ出荷できないという意味合いではございません。

お客様の対応できる範囲と販売価格を検討し、より良いご提案をさせて頂きます。


1.商品の全体的な構成及び必要な物量について


こちらは弊社で出荷しているコンテナの商品構成になります。

コンテナを横から見たイメージの図解となっております。

物量につきましては、約4tトラック6〜8台が必要となります。


2.家具の出荷準備、梱包について


3.その他雑貨等の出荷準備、梱包について



4.商品の積み込み、写真の撮り方について


基本的に奥行き1m~1.5mの壁を作るように8列〜10列程度に分けて積み込みを行って行きます。

積み込みを行う際は隙間ができないようにしっかりと積み込みを行います。

また、輸送中の破損を防ぐためガラス製品などの壊れやすいものはなるべく上段に積み込みを行うなど工夫が必要となります。

1.空の状態の写真

2.コンテナ番号の写真

3.積み込みライン8列〜10列分

4.右扉を閉めて撮影

5.左右の扉を閉めて撮影